国際交流フェスティバル2018

 

8月25日(土)、氏家駅広場(さくらスクエア)と駅前情報館(さくらテラス)にて「国際交流フェスティバル2018」を開催しました。
このフェスティバルは、国際交流に関係している団体、個人、外国人、当協会会員、一般市民が一同に集い、交流や情報交換等を行うことを目的に開催しました。

 

 

 

蒸し暑く、雷も鳴り今にも降りそうな天気でしたが、このフェスティバルには約90名が参加しました。来賓挨拶、参加者は、食事をしながら各国の言語でうれしそうに交流していました。閉会時には南東の空に虹が架かっていました。

 

 

 

 

 

大変暑い中、「シルバー大学北校」の60歳から120歳?の学生による「アフリカンダンス」の演技では全員の額から汗が流れるほどに演技して頂きました。

「宇都宮大学」の沖縄伝統芸能創作「エイサークル」の皆さんの「てぃーだ太鼓」の演技が披露され、ホップな曲と踊りと太鼓の演技を外国人の人達は、興味深く見入っていました。

 

 

 

 

 

 

また、くじの抽選会も行われ参加者に景品が渡され、子供達は景品を手にしながら喜んでいました。参加したある外国人は、「色々な人と話ができて楽しい時間をすごすことが出来ました。参加して良かったです」と話していました。来年の再会を期して思い出に残るフェスティバルは終了しました。