日本語スピーチ大会と国際交流の集い 11月4日(日)

 主催:さくら国際フレンドシップクラブ 共催:当協会

さくら国際フレンドシップクラブ主催(当協会共催)の「第20回 日本語スピーチ大会と国際交流の集い」が、さくら市氏家公民館ホールで開催されました。冒頭、同クラブの君島会長の挨拶、続いて花塚市長、高瀬当協会会長の祝辞がありました。

 第1部は、外国人によるスピーチ大会で、櫻井 メリーアン(フィリピン)、グエン ヴァン フン(ベトナム)、荒川 秀美(中国)の3名の皆さんが発表しました。
 櫻井 メリーアンさんは、「12年前に日本に来た。娘が成人するのが楽しみです。」
グエン ヴァン フン(ベトナム)さんは、「2年半前に日本に来た。日本の技術が進んでいるのに驚きました。機械に触れること事が好きなので、今後も勉強をして頑張る。」
荒川 秀美(中国)さんは、「17年前に日本に来た。現在の仕事が好きで、これからも地域の人々とふれあって、仕事をして行きたい。」
それぞれに、日本での経験談や抱負などを熱く語っていました。スピーチ終了後、橋本教育長から講評を頂き第1部が終了しました。

 第2部は、異文化発表で「ラ・ブレリア」の皆さんによるスペイン舞踊のフラメンコが披露されました。会場の皆さんは、華麗で力強いパホーマンスに見とれていました。